日々進化する計測技術と多種・多様化するニーズにレンタルでお応えします。

株式会社ソーキ

spMenu

その他非破壊検査機器

その他非破壊検査機器

その他サムスチールチェッカー D-200型

異材混入を防止するために鋼材の判別が必要になります。
旧製品であるサムスチールチェッカー(M-100型、D-100型)は(財)日本建築センターの検査機器性能評価委員会から評価を受けており、本製品はそれに準拠した製品です。

サムスチールチェッカー D-200型

メーカー 立花エレテック
測定項目 鋼材判別
特長 ●鋼材の判別
●非破壊で測定可能
●ポータブル
●熟練不要(1回の測定時間は5秒)

【用途】
・ミルシートと鋼材現品との一致を確認したいとき。
・切断した鋼板等が切断前と同一材であることを確認したいとき。
・材質の異なる鋼材を仕分けしたいとき。
・材質不明の鋼材の材質を確定したいとき。
  • メーカーカタログ
  • 取扱説明書

トップページへ