日々進化する計測技術と多種・多様化するニーズにレンタルでお応えします。

株式会社ソーキ

よくあるご質問

有害ガス検知器についてお問い合わせの多いご質問と回答をご紹介しています。

有害ガス検知器

自動車のガソリン、軽油などの液体が気化したものの濃度を、手軽に測定できる商品はありますか?
高感度可燃性ガス検知器XP-3160で測定可能です。ご利用の際はお問い合せ下さい。
VOL%(ボリュームパーセント)とは?
VOL%(ボリュームパーセント)は、ガス濃度(体積比)そのものを指します。
高濃度のガスや、空気中に高い割合で含まれている気体を検知する際などに
用いられることが多い単位です。
%LEL(パーセントエルイーエル)とは?
%LEL(パーセントエルイーエル)は、可燃性ガスの爆発下限界といい、可燃性ガスが空気中と混合し、
爆発を起こす最低濃度となります。
例えばメタンガスの場合、大気中に5%VOLから15%VOLの濃度が存在すると爆発します。
メタンガスの場合は下限値が5%VOLとなりますので、その5%VOLを100%とした場合、100%LELと
表示します。可燃性のガスによって下限界値は異なりますので、詳しくはお問い合せ下さい。

酸素濃度がいつも21%なのは何故ですか?
空気の組成は、大気中に酸素が21%となっています。
空気中の酸素濃度が18%未満の状態を酸素欠乏と言います。
「ニオイ」を測定できる商品はありますか?
ポータブル型ニオイセンサXP-329m、XP-329ⅢRをお使い頂くと、「ニオイの強弱」を数値化して表すことができます。ニオイには基本的に単位がありませんが、数値は「レベル表示」と「臭気指数」の表示切替が可能です。

※ニオイセンサでニオイの識別、ニオイの発生元の特定をすることはできません。
※検知原理的にガス検知器と似ていますが、特定の有毒ガスや可燃性ガスの濃度を測定したり、
ガス漏れを発見するためのガス検知器ではありません。

トップページへ

copyright(c)SOOKI Co.,Ltd. All Rights Reserved.